情報という言葉の起源 Origin of the word "Joho" (information)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

情報という言葉は今日広く使われるようになっており,この言葉の起源を調べた。森鴎外が明治20年前後クラウゼビィツの「戦争論」の翻訳に造語したのが最初と思われる。この言葉を用いた背景には福沢諭吉の思想も影響あったと思われる。その後軍事用語として用いられ,鴎外の小説にも出てくるが,一般の辞書に出てくるのは大正の終りから昭和にかけてである。軍事用語としては諜報の意味も含まれていたが,戦後は薄れた。一般に漢字という表意文字の組合せは,言葉から概念を規定することがあるので,情報という語の意味を漢字からも調べた。現在は各分野で学術用語としても多様に使われている。

The Japanese word "Joho" (information) has become very popular in Japan. It is studied the history of the word "Joho". It is acknowledged that Ogai Mori, an arrmy doctor and a novelist in the Meiji era, is perhaps the first man who made and publicly used this word, when he translated the German war books. It is surmised that influence of thought of Y. Fukuzawa worked on the translation process. Since, this word was generally used as a military parlance and sometime appears in his literary works. The word "Joho" was appeared in Japanese dictionary for the first time between the end of Taisho and the beginning of Showa. At flrst, the word "Joho" meant intelligence as a military palance, but nowadays, we use as information in general. As Chinese character has an ideographic feature, it is studied the character of "Joho" in the light of composition.

収録刊行物

  • ドクメンテーション研究

    ドクメンテーション研究 33(9), 431-435, 1983

    一般社団法人 情報科学技術協会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002755644
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00172819
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00125180
  • NDL 記事登録ID
    2604681
  • NDL 刊行物分類
    M041;K82
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ