動向レビュー誌『カレントアウェアネス』の役割と新たな展開(<特集>レビュー誌の現在) An Information Bulletin "Current Awareness" : the Role and New Directions(<Special feature>The current state of review journal)

この論文をさがす

著者

    • 橋詰 秋子 HASHIZUME Akiko
    • 国立国会図書館関西館事業部図書館協力課 Kansai-kan of the National Diet Library, Projects Department, Library Support Division

抄録

国立国会図書館が編集する情報誌『カレントアウェアネス』は,1979年の創刊以来,図書館及び図書館情報学における近年の動向及びトピックスに関する"カレントアウェアネスサービス"を現場の図書館員に提供してきた。本稿では,メールマガジン『カレントアウェアネス-E』にも触れつつ,季刊誌『カレントアウェアネス』について,編集方針・体制,誌面構成,概歴等を紹介する。また,幾つかの観点からこれまでの掲載記事の特徴・傾向を明らかにし,約25年に渡る歩みの概観を試みる。さらに,「研究文献レビュー」記事を取り上げその課題を述べ,最後には『カレントアウェアネス』の今後の方向性について考察する。

Current Awareness is a bulletin on library and information science edited by the National Diet Library (NDL). Since the first number in 1979, the bulletin has provided useful information to let Japanese librarians keep current on their library work. This article deals with various respects of the bulletin, particularly "Research Review". In the end of the article new directions the bulletin should be going to take are discussed.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 54(3), 120-125, 2004-03-01

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002826901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    6864743
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ