情報に対する価値意識の変容 (<投稿論文>) The change of people's view of information

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

情報の定義に関する従来の議論を整理し,社会学も含む様々な文脈における定義の相違を,情報の最終的な消費機構である人間の認知モデル上で示した。次いで,情報財が持つ特殊性に留意しながら,情報の価値に関する議論を整理し,情報効用から見た情報の分類を試みた。これに基づいて,明治期以降,情報に対する日本人の価値意識の変容を,情報という言葉の使用歴,情報メディアの展開の歴史,の二つの観点から跡付け,時代区分を行った。

This paper focuses on the definition of, the economics of, and the people's values of information. First, after surveying various definitions of information, a model representing human cognition process of information is given. Second, economical aspect of information is discussed. Based on them, context where the word information has been used since the Meiji era is retrospected, and the change of people's view of information is discussed.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 42(6), 564-571, 1992

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002827586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    3455209
  • NDL 刊行物分類
    U21;M041
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ