森林鉄道標準鋼橋の設計について-2- Standard steel bridge planning used to forest railway. : I-beam (II)

この論文をさがす

著者

抄録

一般に貨車貨重は当等布荷重として計算されているが, 筆者等は現在森林鉄道において多く使用されている貨車荷重を当等布荷重に換算し, それをボギー車と単車或いは連結の方法において分類した。機関車荷重は第I報に示した如く, 建設規定と同様に12t, 10t, 5tとし貨車荷重は計算の結果0.8t/m〜2.5t/mを得た。次に各桁の各活荷重に対する許容曲げモーメント及び絶対最大曲げモーメントの関係, 各活荷重に対する剛度許容曲げモーメント及び絶対最大曲げモーメントの関係から各々の荷重と支間に対する安全な桁を見出した。

Generally an equivalent uniform load is considered for wagon loads of a forest railway bridge. We classified such equivalent uniform load into several groups relating to bogie or single car and method of coupling. As reported in the 1st report, locomotive load appointed 12 t, 10 t and 5 t same as the regulation of the FRS and wagon load gained 0.8 t/m〜2.5 t/m as the result of calculation. Graphs which drew allowable bending moment for live loads and extreme maximum bending moment for the FRS loads show safety beams for some definite loads and spans.

収録刊行物

  • 日本林学会誌

    日本林学会誌 38(1), ????, 1956-01

    一般社団法人日本森林学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002837773
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198561
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021485X
  • NDL 記事登録ID
    10065140
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ