森林鉄道標準鋼橋の設計について : I型鋼橋(第III報) Standard steel bridge planning used to forest railway. : I-beam (III)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

第I報, 第II報において現在使用されている機関車の荷重或いは貨車荷重を資料として標準列車荷重を決定し, これにより種々の桁の活荷重に対する許容曲げモーメント或いは剛度許容曲げモーメントを検討した。第III報はこれをもとにして, 設計すべき標準桁の長さを5,8,10,12mとして, 各種標準荷重に対して使用すべきI型鋼を決定した。

On the 1st and the 2nd reports, we determined standard load by data of locomotive or wagon load which is using in each districts and inspected allowable bending moment or stiffness for live load act on various beams. Using those results, we determined the figure of I-beam, the length defined as 5,8,10 and 12 m, which was planned as safely for each standard loads.

収録刊行物

  • 日本林學會誌

    日本林學會誌 38(6), 223-224, 1956-06-25

    一般社団法人日本森林学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002837883
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198561
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021485X
  • NDL 記事登録ID
    10065207
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ