オペレーティングシステムの並行開発手法 Concurrent Engineering for Operating System Development

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

従来のソフトウェア開発はウォータフォール型に行なわれていた。しかし今日コンカレントエンジニアリング技術のソフトウェア開発への適用が研究され、コンカレント型のソフトウェア開発が注目されている。新規に計算機システムを開発する場合、オペレーティングシステムのデバッグはハードウェアの試作が終ってからでないと行なえず、典型的なウォータフォール型になっていた。すなわち計算機システムの方式設計、ハードウェア開発、オペレーティングシステム開発という作業は直列化されてしまうというのが現状であった。この問題を解決するためにハードウェア動作のシミュレータを開発し、その上でオペレーティングシステムを開発するという手法が提案されている。しかしシミュレータがハードウェアの動作を正確に模擬し、かつ実行速度が十分に速くなければ、この様な手法というのは全く役に立たない。今回我々は実際にハードウェア動作のシミュレータを開発し、その上にUNIXを移植してみた。本論文ではシミュレータを用いたオペレーティングシステムの並行開発手法の有効性について示す。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第48回(ソフトウェア), 87-88, 1994-03-07

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002872747
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ