TOP-1オペレーティング・システム : (2)プロセス・スケジューリング TOP-1 Operating System : (2) Process Scheduling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

TOP-1は主記憶共有型の小規模マルチプロセッサ・ワークステーションである。IBMのオペレーティングシステム「AIX PS/2^TM」をベースにしてTOP-1のOSを開発した。このシステムは並列処理の研究のテストベッドとして使用することを目的にしており、OSも性能よりは開発期間の短さを重点にして設計された。本稿ではこのOS(TOP-1 OSと呼ぶ)のマルチプロセッサ対応化について概説したあと、そのプロセス・スケジューリングについて説明する。(なお、TOP-1 OSではプロセスの他にも、スレッドと呼ばれる並列プログラミング要素がスケジューリングの単位になりうるが、以下では簡単のためこれらをまとめてプロセスと呼んでいる。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集  

    全国大会講演論文集 第39回(ソフトウェア), 1201-1202, 1989-10-16 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002879714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ