セサミンの抗酸化作用(ビタミン・パイオファクターの新展開 : 健康と食)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ゴマは古来より健康を増進する食品として広く親しまれてきたが, 近年その様々な生理活性が科学的に解明されつつある. 中でもゴマに特徴的な成分であるリグナン類の持つ生理活性が注目を集めている. セサミンはこのゴマリグナンの一種であり, 含量が最も高く(0.5〜1%), 生理活性としてはこれまでに, コレステロール低下作用, 抗高血圧作用, 抗酸化作用, 肝臓保護作用, アルコール代謝促進作用, 肝臓がん予防作用, 乳がん発生抑制作用, 免疫賦活作用などが報告されている. 紙面の関係でそのすべてを紹介することはできないが, 最近そのメカニズムが明らかになってきた抗酸化作用を中心に紹介したい. 1. セサミンの抗酸化作用 ラットを用いてセサミン経口投与後の体内動態を検討したところ, セサミンは肝臓でメチレンジオキシフェニル基が開裂してモノカテコール体およびジカテコール体に代謝され, そのままあるいはメトキシ化を受けた後, グルクロン酸抱合されて胆汁中に排泄されることが明らかになった(図1).

収録刊行物

  • ビタミン

    ビタミン 79(1), 23-26, 2005

    公益社団法人 日本ビタミン学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002880367
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00207833
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0006386X
  • NDL 記事登録ID
    7236487
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-36
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ