Tachyon Common Lisp : CLOS開発環境 CMOS Development Environments for Tachyon Common Lisp

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々はTachyon Common Lispを、Common Lisp第2版準処から、ANSI仕様へ対応させる作業を行なった。Common Lispに採用されているオブジェクト指向機能CLOS(Common Lisp Object System)は、他のオブジェクト指向言語と比較して多重メソッド選択、多重継承、動的クラス変更など多くの機能を持っている。そのため複雑な対応できるプログラミング環境が必要になってきている。そこで、CLOSのプログラミング開発をサポートするツールを作成した。こられにより、CLOS用いたプログラミングの開発効率が向上した。本稿では、開発ツールの中で、オブジェクトレーサ、キャッシュコントローラを中心に実現方法及びその効果について述べる。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第46回(ソフトウェア), 9-10, 1993-03-01

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002882741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ