1チップCPUプロセッサの設計検証(2)機能モデルと論理モデルの比較による一致検証 Design Verification of One-Chip CPU Processor(2)Comparative Verification between Functional Model and Logical Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

大規模化するマイクロプロセッサの開発において、設計検証はますます困難になっている。トップダウン設計が叫ばれてはいるものの、論理合成技術が未熟である現在においては、人手による論理設計に頼らざるを得ないというのが実情である。その際、仕様通りに設計されているということをいかにして検証するかということが問題となる。我々はこのたび、ビジネスコンピュータ用1チップCPUプロセッサをフルカスタム設計するにあたり、機能モデルと論理モデルという2つのモデルを開発した。その上で、両モデルの動作をクロック単位で比較する「一致検証」を導入し、論理検証では発見が困難なバグの検出および解析を行なった。本稿では、設計検証の手法、および一致検証の効果について報告する。また、表1にプロセッサの諸元を示す。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第46回(ハードウェア), 151-152, 1993-03-01

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002883224
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ