Real-Time Mach上でのQOS制御サーバの実験  [in Japanese] A QOS-Control Server on Real-Time Mach  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

対話型のマルチメディアシステムでは,システムの負荷が動的に変動するため,それに応じて連続メディアのサービスの質(QOS:Quality of Service)を調整する必要がある.特に,システム内で複数の連続メディアが処理されている場合,この調整は各連続メディアの性質や優先度を反映して行なわれるべきであり,何らかの「調停者」を用意することがのぞましい.本稿では,そのための機構としてQOSを集中制御するサーバについて提案し,Real-Time Mach3.0(以下RT-Machと略す)上で実現したプロトタイプについて構成と実験結果を報告する.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第47回(データ処理), 355-356, 1993-09-27

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002884702
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top