動画のフレーム間相関を利用した動的なQOS制御の実験  [in Japanese] Experiments with Dynamic QOS Control Using Correlation of Sequential Frames  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

動画や音声といった連続メディアを扱うためには,システムは各メディアがもっている時間的制約を守りながら処理を進めなければならない.そのためには,連続メディア処理に対応した計算機資源の確保が必要不可欠である.例えば,CPU資源,ディスク資源,ネットワーク資源の利用が実行時に保証されていないと時間的制約を満たすことはできない.ところが,現実の計算機資源は有限であるため,同時にシステムがサポートできる連続メディアのための処理量には限界があり,適切に資源の割当てを制御する必要がある.本稿では,連続メディアの品質を調整することにより,処理に必要な資源割当てを制御する方法について検討する.最後に,動画のフレーム間相関を利用した動的なQOS制御手法について述べる.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第47回(データ処理), 357-358, 1993-09-27

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002884703
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top