オーサリングシステムExtempore : 概要 Authoring System"Extempore" : Overview

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ハードウェアやネットワークの性能向上,画像データの圧縮技術の進歩と標準化などにより実用的なマルチメディアアプリケーションが現実のものになってきた.これらのアプリケーションの開発は従来のGUIアプリケーションよりもさらに困難になるが,一方で,プログラマでないユーザが開発できることが要求されている.このような背景の下に,高機能なオーサリングシステムヘのニーズは今後ますます高まってくると考えられる.我々は,マルチメディアタイトル,プレゼンテーションを初めとする広いクラスのマルチメディア・アプリケーションの作成に適したオーサリングシステムExtempore(エクステンペリ)を開発している.Extemporeは,複数のオーサリングメタファのサポートにより,広い範囲のアプリケーション開発に必要な機能を持たせるとともに,オブジェクト指向スクリプト言語にエージェント指向機能を導入することにより,インタラクティブ処理の簡潔な記述,マルチメディアオブジェクトの自律動作記述とデリバリ機能を実現し,より高度なアプリケーションを簡潔かつ容易に記述可能にした.本稿では,Extemporeの概要について報告する.

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第49回(データ処理), 279-280, 1994-09-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002885677
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ