オーサリングシステムExtempore : エージェント記述 Authoring System"Extempore" : Agent Description

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々が開発しているオーサリングシステムExtemporeのエージェント記述につて述べる。Extemporeでは、マルチメディア・アプリケーションを作成するときに動画、音声、描画、テキストなどの各々のメディアオブジェクトを静的なオブジェクトとして扱うのではなく、相互に協調して自律的に動作するエージェントとして扱う。このエージェント指向機能を持ったモデルを提供している。このモデルによって、メディアオブジェクトの全体の関係をすべて指示するのではなく、部分関係やエージェントの集まりである環境のみを記述することにより、各々のメディアオブジェクトの動作を間接的に指示して、マルチメディア・アプリケーションを記述できる。本稿では、Exttemporeのエージェント記述をオブジェクト指向と比較し、関係記述を中心に述べる。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第49回(データ処理), 283-284, 1994-09-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002885679
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ