Real-Time Mach用のオーディオドライバ  [in Japanese] An Audio Driver for Real-Time Mach  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

最近のCPU性能の向上と小型化技術の発達などにより,モービルコンピュータを用いた分散マルチメディアの環境が現実的なものとなってきている.我々は現在そのプロトタイプを,慶応大学と共同でReal-Time Mach (以下Rm-Machと略す)上に構築中である.このようなシステムでは,従来からのキーボード(もしくはタブレット)とディスプレイによる入出力に加えるて,オーディオ処理機能のサポートが重要になると考えられる.そこで我々は今回,モービル・マルチメディア環境での利用を前提としたmRT-Mam用のオーディオドライバの作成を行なった.このドライバはIBMのノートPCであるThinkPad750c/755c(以下75xcと略す)上で利用することができ,マルチメディア処理向けの機能を備えている.本稿では,このオーディオドライバの機能,構成および性能測定結果について報告する.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第49回(データ処理), 317-318, 1994-09-20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002885696
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Conference Paper
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top