MKngプロジェクトにおける動的QOS制御サポート  [in Japanese] Dynamic QOS Control Support in the MKng Project  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

慶応大学を中心に行なわれている次世代マイクロカーネル(MKng)研究プロジェクトでは,Real-Time Machマイクロカーネルをベースに各種処理のための拡張を行なっている.このプロジェクトのサブテーマの一つに,連続メディアの動的QOS制御のためのサポートがある・QOS制御はシステムの資源管理と処理するメデイアの性質の両方に深く結びついており,その実現にはOS,ミドルウェア,アプリケーションの各レベルでの対応と,全体を統括するQOS制御フレームワークが必要になる.本稿では,まず各レベルにおいて解決すべき課題の検討と関連研究の紹介を行ない,次にこれらの課題をMKngで開発するリアルタイムマイクロカーネル上で解決していくための方向性と現状について述べる.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第53回(アーキテクチャサイエンス), 47-48, 1996-09-04

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002887442
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top