Common Lisp検証システム Common Lisp Verification System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々はCommon Lisp the Language Second Edition(以下CLtL2)に準拠した処理系Tachyon Common Lipsを開発した。一般にソフトウエア開発におけるシステム機能の検証には非常に大きな工数がかかるが、Common Lisp特に第2版言語仕様であるCLtL2は非常にに大きな・言語仕様を持ち、また開発時におけるバージョンアップ毎に繰り返し行なわれる機能検証試験には多大な労力を必要とする。我々は、これらの検証作業を容易にするために、Common Lisp第2版言語仕様の検証システム(以下、検証システムと呼ぶ)を開発し、Tachyon Common Lispの開発において利用している。本稿では、この。Common Lisp検証システムの概要について述べる。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第44回(ソフトウェア工学), 295-296, 1992-02-24

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002888882
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ