PowerPCを用いたハードウェアシステム用のGDBサーバ  [in Japanese] A GDB Server for Pc'werPC-Based Hardware  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

PowerPCを用いたハードウェアのデバッグを行うツールとしてEngineering Support Processor (ESP)と呼ばれる装置が存在する。ESPは, JTAG (IEEE 1149.1)ポートへのインタフェースとバッファを備えたハードウェアと, それを制御するためのAIX用のソフトウェアから構成されている。これにより, ターゲットシステム上のPowerPCのレジスタやメモリへのアクセス, プログラムのダウンロードと起動, 停止, ブレークポイントの設定などが行える。ユーザインタフェースとしては, X-Windows上のGUIベースのものが利用できるほか, EZsocketsと呼ばれるプログラミングインタフェースも用意されており, これによりネットワークごしにプログラムから制御を行うことも可能である。ESPにより, ターゲットシステム上のプログラムをマシン語レベルでデバッグすることはできるが, Cなどの高級言語で書かれたプログラムをソースコードレベルでデバッグすることはできない。そのような目的には, GNUデバッガ(GDB)のようなシンボリックデバッガが必要となる。GDBではすでにターゲットCPUとしてPowerPCがサポートされており, PowerPC 用プログラムのシンボリックデバッグが行える。しかし, GDB自身を安定していないターゲットシステム上で動かすのは困難である。このような, ハードウェア設計時のデバッグのために, GDBにはリモートデバッグ機能が用意されている。これにより, シリアルラインもしくはネットワークごしにターゲットシステム上のプログラムのデバッグを行うということが可能となる。この際のプロトコルとしては, GDB独自のGDBリモートプロトコル(GDB remote serial protocol)が使用される。我々は今回, このリモートデバッグ機能とESPのEZsockets インタフェースとを橋渡しするプログラム(GDBサーバ/ESP)を作成した。これにより, GDBは安定したホストシステム上で動作させ, ESPごしにターゲットシステムのシンボリックデバッグを行うことが可能となる。本稿ではこのデバッグ環境について, 実装上の考慮点を中心に概要を述べる。

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第55回(アーキテクチャ), 234-235, 1997-09-24

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002891191
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Conference Paper
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top