循環パイプライン・アーキテクチャ : pipelined MIMDの試み Cyclic Pipeline Architecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

pipelined(shared resource)MIMDは、MIMD型計算機の一つのカテゴリーである(Flynn)。しかし、この手法を用いて実現された計算機は非常に少なく、商用機として(失敗に終わったが)HEPが知られるのみである。筆者らは現在、pipelined MINDの一種である循環パイプライン計算機FLATS2を開発中である。その経験に基づいて、現状の技術動向におけるPipelined MIMDの可能性および設計上のトレード・オフについて考察する。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第37回(アーキテクチャおよびハードウェア), 123-124, 1988-09-12

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002894895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ