BLアドレシングを用いた数値計算の高速化 The optimization of numerical applications with BL-addressing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

筆者らは、アドレス計算に簡単な範囲検査機構と分岐制御を付加することによって、LISPやFORTRANなど広い範囲の応用に対して有効な機能を提供できることを示し、それをBLアドレシングと名付けた。さらに、BLアドレシング・モードを実装する計算機FLATS2を設計し、コンパイラを作成して、各種の応用に対する評価をすすめている。本稿では、典型的な数値演算応用にBLアドレシングを適用し、高速化する方法を示す。さらに、いくつかのベンチマーク・プログラムをシミュレータ上で評価した結果を報告する。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第39回(ハードウェア), 1826-1827, 1989-10-16

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002895595
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ