低レベル放射性同位体を線源として用いる簡易携帯型蛍光X線分析装置及び日本古来の絵馬に使用された無機着色料の非破壊分析への応用 (<特集>ダウンサイズ化する分析化学) Portable X-ray fluorescence spectrometer system containing a low-level radioisotope and its application to the non-destructive analysis of inorganic colorants used for the traditional Japanese votive picture (<Special Article>Down-Sizing in Analytical Chemisty)

この論文をさがす

著者

抄録

セラミックスで密封した粒状のアメリシウム(^<241>Am)を樹脂で環状(厚さ3 mm×外径φ18 mm×内径φ12 mm)に成形した放射線強度1.85 MBqの線源(AET Technology, 重量: 0.5 g, 検出器側船遮蔽材を含め26 g), この線源から放出される放射線を大気中において試料に照射し, 試料から発生する二次X線を線源の中央(環状線源の中央空洞部)から検出する小型電子冷却式シリコン半導体X線検出器(Amptek XR 100 CR, 重量: 142 g), 検出器と接続するプリアンプ(Amptek PX2CR, 重量: 1387 g), そして小型マルチチャンネル波高分析器(Amptek PMCA 8000A, 重量: 240 g)を用いて, 総重量約1800 gの簡易携帯型蛍光X線分析装置を組み立てた. そして, この装置を用いて1682年に奉納された絵馬「羅生門図」の青の彩色に使用された着色料について非破壊分析を行った. その結果, この着色料はCa, Fe, Co, Ni, Asを主成分元素として含む"スマルト"であることが明らかとなった.

A portable RI X-ray fluorescence spectrometer having a weight of 1800 g was constructed by using a radiation annular source (^<241>Am sealed up with ceramics, 1.85 MBq), a small Si-PIN photodiode X-ray detector mounted on a Peltlet cooling device, an amplifier and a pocket-type multi -channel pulse-height analyzer. It could also be applied to a non-destructive analysis of the blue colorant in the original Japanese votive picture "Rashoumon-zu", offered to shrine in 1682. Consequendy, it was clarified that the blue colorant (X) was "Smalt" containing Ca, Fe, Co, Ni and As as major elements.

収録刊行物

  • 分析化学

    分析化学 49(12), 1015-1021, 2000-12-05

    公益社団法人日本分析化学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    山崎一雄

    古文化財の科学 178, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    小口八郎

    古美術の科学 49, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    加藤誠軌

    X線分光分析 142, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    野村貴美

    Radioisotopes 47, 324, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    伊藤寛

    Radioisotopes 48, 113, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    下山進

    文化財保存修復学会第21回大会講演要旨集 42, 1999

    被引用文献2件

  • <no title>

    Operating Manual "XR-100CR X-ray Detector System and PC2CR Power Supply/Shaper", 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    MUHLETHALER B.

    Artisis' Pigments 2, 113, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    神庭信幸

    色彩から歴史を読む 104, 1999

    被引用文献1件

  • SMALT

    MUHLETHALER B.

    Studies in Conservation 14, 47-61, 1969

    DOI 被引用文献2件

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002905816
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05251931
  • NDL 記事登録ID
    5600590
  • NDL 雑誌分類
    ZP4(科学技術--化学・化学工業--分析化学)
  • NDL 請求記号
    Z17-9
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ