ポータブルな言語処理系の日本語化方式 A Japanization Method for Portable Implementations of Programming Languages

この論文をさがす

著者

    • 牛嶋 哲 Ushijima Tetsu
    • 東京工業大学理工学研究科情報科学専攻 Department of Information Science, Tokyo Institute of Technology

抄録

広く普及している既存の上級言語に変換する言語処理系を日本語化する際の問題点および実装例について述べる. このような処理系の日本語化に当たっては中間言語の処理系における日本語処理機能を仮定したり, 特定の実行環境に依存してはならない. 文字の取り扱いに関する3階層(符号層・文学集合層・文字概念層)を認減した上で, (1) 複数の符号系への対応, (2) 日本語文字用のデータ型および (3) 文字の同一性について考慮する必要がある. 実装例としてCLUをCに変換する処理系CLU2Cを日本語化した. 各種の言語処理系について同様の手法が適用できると考える.

General considerations and a sample implementation for Japanization of programming language processors that translate to an existing widespread high-level language are described. In Japanization of such language processors, one cannot depends on a Japanese processing facility in the intermediate language and a particular execution environment. On the understanding that there are three layers (encoding layer, character set layer, and character concept layer) in character handling, (1) multiple coding systems, (2) data types for Japanese characters, and (3)identity of characters must be considered. As a sample implementation, Japanization of CLU2C, which translates CLU to C, is described. Similar technique is also applicable to other language Processors.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]  

    情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング] 96(58), 13-18, 1996-05-31 

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929515
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10485570
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
ページトップへ