線形論理型言語のコンパイラ処理系でのリソース管理方式について RESOURCE MANAGEMENT METHOD FOR A COMPILER SYSTEM OF A LINEAR LOGIC PROGRAMMING LANGUAGE

この論文をさがす

著者

    • 田村 直之 Tamura Naoyuki
    • 神戸大学大学院自然科学研究科:神戸大学工学部情報知能工学科 Department of Computer and Systems Engineening, Kobe University
    • 池田 雄一 Ikeda Yuichi
    • 神戸大学大学院自然科学研究科:神戸大学工学部情報知能工学科 Department of Computer and Systems Engineening, Kobe University

抄録

本稿では, 線形論理に基づいた論理型言語であるLLPの概要と, そのコンパイラ処理系ための拡張WAMであるLLPAMでのリソース管理方式について述べる. LLPは, HodasとMillerにより提案されている線形論理型言語Lolliのサブセットであり, 論理式をリソースとして取り扱うことが可能である. LLPAMの拡張は, 主として効率よいリソース管理(特にリソースの検索と削除)のためである. リソースは単一のリソース表中に保持され, リソースの検索はハッシュ表を通じて行われる. 削除はリソース表中の数値を更新することにより行われる. プロトタイプ処理系では, リソースをリストで管理する方法に比べて, 20倍以上の高速化が実現できた.

This paper describes a resource management method of LLPAM which is an extended WAM for a linear logic programming language LLP. LLP is a subset of Lolli which is designed by Hodas and Miller. The extension of WAM is mainly for efficient resource management: especially for resource look-up and deletion. In our design, only one table is maintained to keep resources during the execution. Looking-up of a resource is done through a hash table. Deletion of a resource is done by just "marking" the entry in the table. Our prototype compiler produces 20 times faster code compared with a Prolog program which manages resource as a list.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]

    情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング] 96(58), 25-30, 1996-05-31

    一般社団法人情報処理学会

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10485570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ