ISLisp (Lisp 言語のISO標準化案) とその動向 ISLisp (a Proposal for ISO Lisp Standardization), its Background and Current Status

この論文をさがす

著者

抄録

Lisp言語のISO標準を設定しようという活動が,1988年からISOのもとにWG16というワーキンググループを設けて行われてきている.1992年に日本が提案したKLをベース言語とすることが決定されてから,標準化作業が急速に進展し,ISLispとよばれる標準化案が作成され,現在DIS(Draft International Standard)登録のための作業が進められている.ISLisp設計にいたる経過とISLispの現在の状況,ISLispの概要について報告する.

The effort to establish an ISO standard for the Lisp language has been made by an ISO working group WG 16 since 1988. In 1992, WG 16 seleted KL, a proposal made by the Japanese SC22 LISP, WG, as the base language. Since then, a remarkable progress has been made at WG 16, and a draft proposal for ISLisp was created, which is currently being processed to become a Draft International Standard. We will report the background of the ISLisp design and its current status, together with a language overview.

収録刊行物

  • 情報処理学会

    情報処理学会 95, 41-49, 1995

    一般社団法人情報処理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 人工知能用言語Lispの今と将来

    小出 誠二 , 武田 英明 , Seiji Koide , Hideaki Takeda , 総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻 , 国立情報学研究所:総合研究大学院大学 , The Graduate University for Advanced Studies (SOKENDAI) , National Institute of Infomatics:The Graduate University for Advanced Studies (SOKENDAI)

    人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence 24(5), 681-690, 2009-09-01

    人工知能学会 参考文献35件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929576
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ