並列オブジェクト指向言語ABCL/fのメタレベルアーキテクチャ Meta-Level Architecture of ABCL/f and its Use in Parallel Programs

この論文をさがす

著者

    • 増原 英彦 Masuhara Hidehiko
    • 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻:日本学術振興会 Department of Information Science, University of Tokyo:JSPS Research Fellow
    • 松岡 聡 Matsuoka Satoshi
    • 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻:工学系研究科情報工学専攻 Department of Information Science, University of Tokyo:Department of Information Engineering

抄録

並列アプリケーションのための機能拡張や最適化を行う手段として、自己反映計算によるメタレベルプログラミングが有効であることが認められつつあるが、実際のアプリケーションに応用した場合の有効性は、メタアーキテクチャの設計に大きく左右される。現在我々は、並列オブジェクト指向言語ABCL/fのメタアーキテクチャを設計している。特徴は、メタインタプリタ・メタオブジェクトによる拡張、annotationによるメタレベルへの指示、継承によるメタプログラムの再利用などである。本論文では、いくつかの並列プログラムにおける機能拡張の例を挙げ、それらがどのように記述されるかを検討することで、メタアーキテクチャの有効性を確かめる。

Meta-level programming via computational reflection has come to be recognized as beneficial for parallel applications. Whether we can clearly program practical meta-programs greatly depends on the design of the language's meta-architecture. This paper presents a design of the meta-architecture of ABCL/f, an object-oriented concurrent reflective language. Its features are customization via the meta-interpreters and the meta-objects, annotations that serve as directives that are implemented by the meta-programs, re-use via inheritance in meta-programs, etc. The effectiveness of the architecture is examined through examples from several parallel programs.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]

    情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング] 95(82), 65-72, 1995-08-24

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929591
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10485570
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ