サイバー空間での近未来型エンターテインメント : サイバーホメオスタシス仮説の視点から(<小特集>遊び・エンタテインメントとメディア) A NEAR-FUTURE ENTERTAINMENT IN CYBER-SPACE : A Viewpoint of the Cyber Homeostasis Hypothesis

この論文をさがす

著者

抄録

近未来型エンターテイメントのキーワードの一つは超臨場感であると考えられる。現実世界の体感と同等か場合によってはそれを超えるような臨場感の生成である。これを可能であることを予想する仮説がホメオスタシス仮説である。過去3年間にわたって当該仮説による記憶融合型仮想現実等が研究されているが、本稿では当該仮説の具体的な紹介と、これにより構築される近未来型エンターテインメントシステムについて紹介する。

The new keyword for the near-future entertainment system is 'hyper-reality'. It is the sense of reality that is either equal to or even more than the actual experience of the real physical world itself. We have developed a hypothesis called 'Homeostasis Hypothesis' with which we conjecture the possible construction of such an entertainment system. We have researched for 3years based on this hypothesis the method in which we merge human experiential memory with virtual reality. In this paper, we introduce the detail of the hypothesis and a methodology for building a hyper-real near-future entertainment system.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア]

    情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア] 96(29), 25-32, 1996-03-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929680
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10357661
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ