自己組織化ニューラルネットによるデータベースアクセス DATABASE ACCESS USING SELF - ORGANIZING NEURAL NETS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ニューラルネットをデータベースシステムに導入する試みについて紹介する。システムは、) データベースのカテゴリ化、) (カテゴリ化された)データベース間のオペレーション、という2つのフェーズからなる。それぞれに、自己組織化ニューラルネットを導入することにより得られるメリットについて述べる。目的はリアルタイムシステムにおけるデータベースへのアクセス方法にあるが、個々にはいろいろな問題も含まれており、本報告ではそれらの概説を述べる。In this report, we propose to introduce the neural nets to the database system. For the real-time applications, the rapid data processing using neural nets plays an important role, but several problems must be solved to achieve it. We state the outline of essential points, and will have a good solution each.

In this report, we propose to introduce the neural nets to the database system. For the real-time applications, the rapid data processing using neural nets plays an important role, but several problems must be solved to achieve it. We state the outline of essential points, and will have a good solution each.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)  

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1993(65(1993-DBS-094)), 97-106, 1993-07-22 

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002930718
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112482
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ