IPv6ネットワークにおける遠隔デバイス制御機構の設計 A System Design for Remote Control Devices on IPv6 Networks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在次世代プロトコルであるIPv6を利用した通信実験が行われ始めている.本稿では,IPv6の特徴を生かした遠隔制御技術の考察とともに,現在取り組んでいるIPv4/v6ネットワークに接続されたデバイスをリアルタイム制御するシステムの設計について述べる.Communication experiments with IPv6, which is the next generaton protocol, are now underway. In this paper, we will examine a remote control technology that makes full use of the characteristics of IPv6 and describe how to design a real-time control system for devices connected to IPv4/v6 networks in which we have been engaged.

Communication experiments with IP_V6, which is the next generation protocol, are now underway. In this paper, we will examine a remote control technology that makes full use of the characteristics of IP_V6 and describe how to design a real-time control system for devices connected to IP_V4/_V6 networks in which we have been engaged.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2001(70(2001-DBS-125)), 41-46, 2001-07-17

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002931283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112482
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    5868130
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ