オーディオシステムに生じる振動が高度感性情報再現に及ぼす影響に関する研究 Research on the influence that the vibration, which occurs in the stereo system exerts about High Order Sensations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 辻 敦司 TSUJI Atsushi
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Imformation Science, Japan Advanced SInstitute of Science and Technology
    • 石川 智治 ISHIKAWA Tomoharu
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Imformation Science, Japan Advanced SInstitute of Science and Technology
    • 宮原 誠 MIYAHARA Makoto
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Imformation Science, Japan Advanced SInstitute of Science and Technology

抄録

我々は,高度感性情報再現に重要な物理要因を探究し,それに基づいて高度感性情報を再現できるオーディオシステムの開発を行っている.これまでの我々の研究により,オーディオシステムの筐体の支持方法や材質,構造の違いにより高度感性情報再現が大きく異なることが分かってきている.本研究は,オーディオアンプの筐体振動に着目し,どのような振動(床,空気,電気信号)が生じており,また,それが高度感性情報再現にどのように関係しているかを考察した.これまで高度感性情報再現のために実験的に得られてきたアンプの支持方法により,どのような振動モードがアンプ筐体に生じているかを検討した.We have been discovering important physics factors to reproduce the high order sensations, and we are developing the audio system based on the obtained facts. It has been clarified that the reproduction high order sensations greatly depend on the material and the structure. Vibration mode on a chassis is measured and considered.

We have been discovering important physics factors to reproduce the high order sensations, and we are developing the audio system based on the obtained facts. It has been clarified that the reproduction high order sensations greatly depend on the material and the structure. Vibration mode on a chassis is measured and considered.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)

    情報処理学会研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM) 2000(89(2000-AVM-030)), 37-42, 2000-09-22

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002936042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438399
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    5741679
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ