携帯端末向け小画面表示/片手操作UIの提案と試作 A User Interface for Portable Terminals : Consideration of Small Screen Display and Single Hand Operation

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは、コンピュータに不慣れな一般ユーザが利用できるユーザインタフェース (UI) に関し、特に、携帯端末に適した情報表示/入力UIについての研究を進めている。携帯端末は、どこでもサービスを受けられる反面、画面の小型化による表示情報量/視認性の低下や、端末を持つために片手が自由に使えない等の制約がある。本論文では、このような携帯端末の問題点を考察し、自動スクロール/ズームによる小画面向け表示UIと傾きセンサを用いた片手操作UIの概要について述べる。

Portable terminals have the potential of providing information and communication services to many users being in a variety of daily life situations. This paper proposes two types of user interface (UI) methods for portable terminals with small-size display screen. One is the "Automatic Scrolling and Zooming" UI which reduces users effort to refer a large amount of data on a small screen; the other is the "Single Hand Operation" UI which allows users to scroll and zoom data merely by tilting the terminal.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 82, 7-12, 1999-01-29

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002937660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116111
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ