QOS管理のための外部資源管理機構について (新しいマルチメディア時代のシステム要素技術) External Resource Management Facilities for QOS Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では,動的なQOS制御を行うために必要な資源管理機構について考察する.ここでは,QOSの保証という観点から,資源を空間方向と時間方向に分割した資源スロットという単位によって保護,管理することを提案する.そして,RT?Mach上でQOSに基づいた資源管理のためのマネージャをユーザレベルのサーバとして実現するためのカーネル機構と資源マネージャのインターフェースについて述べる.また,このインターフェースはユーザレベル・デバイスドライバの一般的なインターフェースとしても利用できる.In this paper, we describe external resource management facilities for dynamic quality-of-service control. A resource in a system is divided into resource slots by spatial and temporal axes and a resource management system provides spatial protection and temporal protection. We also describe the kernel facilities to implement a resource manager for QOS control as a user-level server and the interface of a kernel and a resource manager on Real-Time Mach. This interface can be used for the generic interface to implement a device driver as a user-level server.

In this paper, we describe external resource management facilities for dynamic quality-of-service control. A resource in a system is divided into resource slots by spatial and temporal axes and a resource management system provides spatial protection and temporal protection. We also describe the kernel facilities to implement a resource manager for QOS control as a user-level server and the interface of a kernel and a resource manager on Real-Time Mach. This interface can be used for the generic interface to implement a device driver as a user-level server.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)

    情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) 1995(59(1995-OS-069)), 61-66, 1995-06-22

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002941231
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ