音声認識応用に関する学会試行標準 IPSJ Trial Standard for Speech Recognition Applications

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では,情報処理学会試行標準委員会のWG4小委員会(音声言語インタフェース)が策定した,(A) ディクテーションに用いる基本記号に対応する読みの試行標準,および(B) カーナビ用音声入力の性能評価ガイドラインの試行標準検討案,の内容を紹介する.This paper describes the activity of IPSJ/ITSCJ Trial Standard WG4 that has the objectives of standardization for spoken language interface. In this report, we introduce : (A) trial standard of sounds-like spellings of commonly used symbols in Japanese dictation systems, and (B) working draft of guideline for evaluating speech input performance of car navigation systems.

This paper describes the activity of IPSJ/ITSCJ Trial Standard WG4 that has the objectives of standardization for spoken language interface. In this report, we introduce : (A) trial standard of sounds-like spellings of commonly used symbols in Japanese dictation systems, and (B) working draft of guideline for evaluating speech input performance of car navigation systems.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP)

    情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP) 2005(12(2004-SLP-055)), 47-52, 2005-02-04

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002950638
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7278482
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ