「マスメディア」としてのインターネット : インターネット利用者調査からの一考察 Potentials of the Internet as a"Mass Medium"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The Internet is rapidly becoming popular in Japan also. In this paper, I report some results of our survey of Internet users and examine its potentials as a mass medium. Optimistic idealists evaluate highly its interactivity in communication and think that many people are getting to use the Internet as a medium to participate in a'virtual community'. Contrary to their expectation, our survey result shows that only 5% of users participate in the'virtual community' actively and the majority of users are a passive audience of the WWW.

収録刊行物

  • マス・コミュニケーション研究

    マス・コミュニケーション研究 (50), 168-181, 229, 1997-01-31

    日本マス・コミュニケーション学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002954660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10418471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13411306
  • NDL 記事登録ID
    4141379
  • NDL 雑誌分類
    ZU15(書誌・図書館・一般年鑑--ジャーナリズム)
  • NDL 請求記号
    Z21-85
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ