象牙質と接着性レジンセメントの接着における仮着材の影響 Effects of Temporary Cements in the Adhesion between Dentin and Resin Cement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

歯質被着面に一定期間作用した仮着材は, 接着における阻害因子になることが懸念されている.そこで, 仮着材を作用させた象牙質に対する接着性レジンセメントの接着強さを測定し, 残留仮着材が接着に及ぼす影響について検討した.すなわち, ウシの歯象牙質に種々の仮着材を24時間作用させた後, エキスカベーターを用いて仮着材を肉眼的に付着していない状態まで除去し, この被着面と接着材(パナビア21, クラレ)との接着強さの測定および接着界面の形態をSEM観察した.その結果, コントロールの接着強さは6.9MPaであったが, ハイボンドテンポラリーセメント作用面に3.6MPa, フリージノールテンポラリーパック作用面に4.9MPaおよびテンパック作用面に5.3MPaの値を示し, いずれの仮着材においても低い値を示した.一方, 接着界面のSEM像から, コントロール試料においては約0.5μmの樹脂含浸層が確認されたが, 仮着材を作用させた後の接着界面には樹脂含浸層が生成されていなかった.

The application of temporary cement on the tooth surface had an inhibitory effect on the adhesiveness between teeth and resin cements.We analyzed the influence of the remaining temporary cement on the adhesion, determining the adhesive strength of a resin cement to dentin.Bovine dentin was divided into several groups exposed to different temporary cements for 24 hours.Thereafter, the temporary cement was completely removed with an excavator.The adhesiveness of resin cement(Panavia 21, Kuraray Co.)to this surface was measured following a 24-hour storage in water at 37℃, and its interfacial layer was analyzed by SEM.The results showed an adhesive strength of 3.6MPa on the surface pretreated with HY-Bond Temporary Cement(Shofu Co.), 4.9MPa with Freegenol Temporary Pack(GC Co.), and 5.3MPa with Tempack(Westward Co.), all lower than the 6.9MPa, presented by the control group.The SEM images of the interfacial layer revealed a hybrid layer of 0.5μm in thickness, in the control specimens whereas no hybrid layer existed on the specimens treated with temporary cements.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 43(101), 86, 1999-05-21

    一般社団法人日本歯科理工学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002992689
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11834072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02865858
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ