四国の三畳系層状チャートから産出したLingularia sp.(腕足類) Lingularia sp.(Brachiopoda) from Middle Triassic bedded chert in Shikoku, Japan

この論文をさがす

著者

抄録

四国東部秩父累帯中の三畳系中部(Lower Anisian)層状チャートよりLingularia sp.(腕足類)の化石が産出した.産出層準は、砥石型珪質粘土岩から頁岩とチャートの等厚互層への漸移部であり、堆積環境が還元状態から回復する過程の貧酸素状態を示す部分である.本標本と類似するLingularia sp.は、ロシア極東シホテアリン山地の下部〜中部三畳系(Spathian-Lower Anisian)層状チャート層の頁岩部やニュージーランド付加体中の層状チャートに伴う中期三畳紀の半遠洋性堆積岩からも見つかっている.この発見は、ペルム紀/三畳紀境界イベントに伴うOAE(海洋貧酸素事変)からの回復過程でいわゆる"Lingula"(本研究でのLingulariaも含む)が大繁栄したという見解を支持し、かつその影響が、古太平洋の深海域まで及んだ可能性を示唆している.

A lingulid brachiopod Lingularia sp. is described from Middle Triassic (Anisian) bedded chert in the Northern Chichibu Terrane, Shikoku, Japan. The fossil occurrence is unusual because of its association within deep-sea sediments. Lingulids are well known from Early and Middle Triassic successions and their apparent abundance may relate to the recovery following the Permian/Triassic (P/T) extinction event. This find in Japan tends to support the view that lingulids favoured dysoxic conditions and became widespread in vacant niches of the ocean after the P/T boundary anoxic event as opportunistic taxa.

収録刊行物

  • 地質學雜誌

    地質學雜誌 110(12), 758-764, 2004-12-15

    日本地質学会

参考文献:  36件中 1-36件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003024624
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141768
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00167630
  • NDL 記事登録ID
    7195420
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-174
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ