ネットワークを利用した不登校児・障害児支援システムの開発 Development of Network-based Support System for Children Avoiding School and Handicapped Children

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ネットワークを利用した,総合的な不登校児・障害児支援システムを開発した.このシステムでは次の4つのレベルで支援を行う.レベル1の専門知識データベースでは,16の専門領域について合計480個のマルチメディアQ&Aを提供する.レベル2ではコンピュータが簡単なバーチャルカウンセリングを行う.レベル3では大学にいるカウンセラがテレビ電話カウンセリングを行う.レベル4では,ネットワーク上で問題が解決しなかった利用者のために実際の対面カウンセリングを行う.レベル1, 2, 3を利用できるブースを仙台市の2ヵ所の公共施設内に設置したほか,レベル1,2はインターネット経由でも利用可能にした.システムの運用開始から1年間の利用状況を整理し,システムの有用性を検討した.本システムは,今後一般的になると考えられる,ネットワークを利用した不登校児・障害児支援の新しいモデルを提案するものである.

We developed a network-based, overall multistage support system for children avoiding school and handicapped children. This system provided the following four-stage support. In the first stage, about 16 areas, 480 multimedia Q & A contents were provided. In the second stage, simple virtual counseling by a computer system was provided. In the third stage, professionals provided videophone counseling. Then, in the fourth stage, professionals provided face-to-face counseling for users who had not solved their problems on-line. We made two booths in which the first, second, and third-stage support was provided within two public facilities of Sendai City. The first and second stages were configured for use on the Internet. We analyzed the operating result of this support system for one year and discussed its usefulness. This system suggests a new model for a network-based support system for the future, for school-avoiding children and handicapped children.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 26(1), 11-20, 2002

    日本教育工学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026460
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03855236
  • NDL 記事登録ID
    6188739
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ