1.N-methyl-N-nitrosourethane(MNUの投与により発生したハムスターの肺腫瘍と肺線維症 : 第19回支部活動 : 関西支部

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

MNUによるラット・マウス・家兎の肺癌発生実験に引続き,今回はハムスターを使用した成績について報告する.60〜70gのSyriango1denhamsterの雌52,雄20の腹腔にMNUO.2mg/kgを週2回,5月月間投与し雌は死亡するまで(274日),雄は240日に屠殺した.160日以上生存は33例で,このうち11例に粘液産生型腺腫が発生した.ラット等に較べて小さく数も少なくて,併発した肺線維症も軽度であった.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003119427
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00203978
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03869628
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ