中年期夫婦のコミュニケーション態度 : 夫と妻は異なるのか? Attitudes of Married Couples toward Communication : Husband/Wife Comparisons

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は,核家族世帯の中年期の夫と妻554名(夫婦277組)を対象に,夫婦間コミュニケーションの様態を検討した。夫と妻とをコミュニケーションを構成する2つの単位(個人)と捉え,夫と妻とのコミュニケーション態度の相違を検討した。加えて,相手(配偶者)へのコミュニケーショし態度と夫婦の学歴及び妻の経済的地位との関連性を検討した。主な結果は次のようである。(1)夫婦間コミュニケーション態度は,「威圧」「共感」「依存・接近」「無視・回避」の4次元から成る。(2)相手へのコミュニケーション態度得点(自己評定)を夫婦間比較した結果,ポジティブなコミュニケーション態度である「共感」と「依存・接近」では妻のほうが有意に高く,他方,ネガティブなコミュニケーション態度である「無視・回避」と「威圧」では夫のほうが有意に高かった。また,相手へのコミュニケーシション態度のうち,夫に最も顕著な態度は「威圧」,妻に顕著な態度は「依存・接近」であった。(3)夫・妻とも,相手へのコミュニケーション態度について,夫婦の学歴による差は見出されなかった。(4)夫の妻へのコミュニケーション態度のうち,「共感」において妻の経済的地位による差がみられ,妻の経済的地泣か高いほど,夫は妻に対して共感的なコミュニケーション態度をとる傾向が明らかにされた。夫と妻とが対照的に異なるコミュニケーション態度をとる背景には,性的社会化の影響,男女間の社会的・経済的地位の格差があると推察される。

This study investigated middle-aged married couples' attitudes toward communication with their partners, and analyzed the relationship between communication attitudes and demographic variables (educational background and income level). Participants were 277 pairs of married couples who ware parents in nuclear families. The main results were as follows. (1) Factor analysis of communication attitude extracted four factors, "high-and-mighty", "sympathetic", "dependent/friendly", and "ignoring/avoiding". (2) Husbands' attitudes were significantly higher than wives' on 2 negative dimensions ("high-and-mighty" and "ignoring/avoiding"), while wives' attitudes were higher than husbands' on 2 positive dimensions ("sympathetic" and "dependent/friendly"). (3) Husband' attitudes were characterized primarily on the "high-and-mighty" dimension, whereas wives' were strongest on "dependent/friendly". (4) Educational background was found to have no significant association with communication attitudes to their partner. Finally, wives' income level was significantly related to husbands' "sympathetic" attitude, i.e., the higher the wives' income level the more sympathetic husbands were toward them.

収録刊行物

  • 発達心理学研究

    発達心理学研究 12(3), 216-227, 2001

    一般社団法人 日本発達心理学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003146614
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10229548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    09159029
  • NDL 記事登録ID
    5978307
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z19-3071
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ