シルエット近似を用いた全方向視差CGHの隠面消去(コンピュータグラフィックス) Hidden Surface Removal in Full-Parallax CGHs by Using the Silhouette Approximation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 近藤 暁靖 KONDOH Akinobu
    • 関西大学工学部先端情報電気工学科:(現)松下電器産業株式会社 Department of Electrical Engineering and Computer Science, Kansai University

抄録

本論文では,全方向視差計算機合成ホログラムにおいて隠面消去処理を施す方法について報告している.まず,本論文では傾いたパッチによる光の遮へいを波動光学的に厳密に取り扱う方法を議論し,次にそれを簡略化したシルエット近似を提案する.また,このシルエット近似を用いて隠面消去した物体光波を合成するための漸化式を示す.更に,提案手法で作成した表面モデル物体の全方向視差ホログラムの光学再生像が,ホログラムを観察する視点の変化に応じて自然に重なりが変化することを示す.本手法により,全方向視差計算機合成ホログラムにおいても縦方向視差を放棄したホログラムと同様に隠面消去が可能となる.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理  

    電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 J87_D_II(7), 1487-1495, 2004-07-01 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  22件

被引用文献:  9件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003171137
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11340957
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151923
  • NDL 記事登録ID
    7022412
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1853
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ