NP のトレースバックシステムへの応用 A Network Processor Application for Traceback Systems

この論文をさがす

著者

抄録

トレースバック手法の一つであるハッシュベースのトレースバックでは、経路中でパケット毎にハッシュ値を演算・記録し、問合せパケットに対応したハッシュ値が記録されているかどうかを検索することによりトレースを行う。本稿では、Intelのネットワークプロセッサ(NP)IXP1200シリーズを利用することによりGbEクラスのネットワークヘの対応を可能にした、ハッシュペーストレースバックシステムの実装について述べるとともに、その評価結果と課題をまとめる。

Hash-based traceback, one of packet traceback methods, traces IP packets by calculating the hash for each traversing packet, recording the hash in its database and searching the database for the queried packet's hash. Network processor is a good choice to realize these functions in high traffic networks. We implemented a hash-based traceback system on Intel's network processor IXP1240. This paper describes the implementation of the system which can be applied to GbE class networks, its evaluation results and its problems.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ

    電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ 103(62), 67-70, 2003-05-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003173501
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11553608
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6619704
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ