履修登録システムの構築と運用 Construction and Operation of Class Registration System

この論文をさがす

著者

抄録

Webベースの履修登録システムを構築した.2002年度の一年間,千葉大学工学部全学生約3,300名が利用した.全学の成績を処理する教務システムとは別のシステムとして構築し,学内外からのwebによる履修登録を実現した.従来の履修登録願からの連続性を重視し,履修登録願の作成,提出,受理,処理,廃棄などの概念を導入した.履修登録エラーがあっても条件付で提出を許す運用を行なった.アクセス記録をもとに提出状況を調査したところ,日中と夜間の2つのピークが確認された.82%の学生が学外から利用した.認証のためのIDとパスワードは本人確認のうえ,窓口で通知書を渡す運用を行なった.通常運用時で再発行申請者は7%程度であった.

The authors constructed the Web based Class Registration System. About 3300 students used it for fiscal 2002. It was constructed as a separate system from the school affairs system. We introduced the concepts of making, confirmation, submitting, acceptance, processing, and abandonment. Operation to which submitting was permitted with the condition even if there was a registration error was done. Based on the access log, two peaks at daytime and nighttime were confirmed. The student of 82% used it from outside of the university. ID and password was handed with confirmation. Those who applied for the reissue were about 7%.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム 103(45), 13-18, 2003-05-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003173833
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11651720
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6618448
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ