SATソルバの並列実行に関する一考察(<特集>「自動推論:帰納,演繹,モデル検査/生成,学習,発見,仮説推論,論理プログラム,プランニングetc.」及び一般)(自動推論) Consideration on parallel execution of SAT solvers

この論文をさがす

著者

抄録

近年多くのSATソルバが提案されているが,個々のSATソルバには得意な問題も不得意な問題も存在する.そこで本論文では,様々な問題を速く解くために, SATソルバにおける並列実行を提案する.並列で実行することにより,個々のSATソルバにおけるパラメータを変更する実行方法よりも,高いパフォーマンスを得ることを目標にする.プラットフォームはPrologからJavaのトランスレ一夕であるProlog Cafeを用いる.Prolog Cafeのマル千スレッド化によってJavaで書かれたSATソルバをProlog Cafeから容易に呼び出し,複数のSATソルバを並列動作させることができる.この並列環境において,部分割当てによる局所集中法や,複数ソルバによる協調的な解決について考察を行う.

Recently, many SAT solvers has been proposed. There are many SAT problems which can be solved by some SAT solver quickly but by another SAT solver slowly. Thus we propose parallel execution of SAT solvers to solve many different SAT problems efficiently. We get higher perfomance by executing problems in parallel than by changing parameters of each SAT solvers. We use Prolog Cafe, which is a Prolog-to-Java source-to-source translator system as a platform. We can easily call a SAT solver written in Java on Prolog Cafe, and can execute many SAT solvers in parallel by multi-thread. We also consider a partially centerized method by partial assignment and a cooperative method by multiple SAT solvers.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理  

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理 103(103), 41-46, 2003-05-22 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003176892
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6619790
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ