授業間関係視覚化システム A Visualization System of Relationships among Courses

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,大学における学生の授業選択支援を目的として,授業間関係視覚化システムを開発した.提案した視覚化手法は,縦軸を配当学年,横軸を分野とする二次元平面上に,授業をノード,授業間の前提・発展関係を辺としたグラフで,授業間関係を表現する.本システムを用いることにより,学生は,授業間の関係を視覚的に概観でき,目的に沿った効率的な授業選択の揚が与えられる.

This paper has developed a Visualization System of Relationships among Courses, in order to support the curriculum management in the university. The authors represent the relationships among courses in the form of course relationship diagrams, in which courses are represented as nodes and the prerequisite-subsequent-relationships are represented as edges. In this visualization method, the ordinate of the course node is decided by the academic year and the field range determines the abscissa of the course node in a 2-dimensional plane. By using this system, students can grasp the multi-relationships among courses visually and choose courses more efficiently by themselves.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 103(697), 185-190, 2004-02-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003179065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6927098
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ