GAによる2周波数共振FSSの効率的な設計法について A Efficient Design Method of Dual-resonant Frequency Selective Surface Using Genetic Algorithm

この論文をさがす

著者

抄録

近年,周波数選択板(FSS)の設計に遺伝的アルゴリズム(GA)を用いた設計法が報告されている.本報告では,まず,FSSの共振素子形状を任意に表現するために単位セルを格子状に分割する場合に生じる問題点について述べている.それはGAにより得られた最適解の中に,格子点において導体セルが点で接する素子配置をもつ形状が含まれる点であり,解析的には電流は流れないが,物理的には電流が流れる.このような導体接点の存在は,設計により得られるFSSの特性と,実際に製作したFSSの特性との間に相違を招くことになる.そこで本報告では,そのような導体接点を設計段階で除去できるGAによる効率的なFSS設計法を提案する.本法を用いて,1.5GHz帯と2.5GHz帯で透過,20GHz帯と30GHz帯で反射する多周波数帯共用一層FSSの設計を行い,従来法で本問題の解決を図る方法と比較,検討している,本法は従来法よりも速く最適解が得られ,多周波数帯共用一層FSSの設計に有効であることを示している.

Genetic algorithm(GA) has been applied to the design of frequency selective surfaces(FSSs) in recent years. First, this report points out the problem that the neighboring FSS element shapes touch each other at the lattice points. These elements must be modified not to flow the current between them because they do not touch each other analytically, but touch physically. Thus, the FSS with the modified elements has the different characteristics from the designed one, especially when designing the multiband FSS. So, this report proposes the efficient method based on GA in order to solve the problem. As a design example, we design the single-layer FSS transmitting 1.5GHz and 2.5GHz bands and reflecting 20GHz and 30GHz bands, and prove the effectiveness of the present method by comparing with the previous GA design method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 102(70), 11-18, 2002-05-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003179315
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6188111
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ