Keio-MMPにおける連続メディアオブジェクトへのアプローチ An Approach for Continuous Media Object in the Keio-MMP Project

この論文をさがす

著者

抄録

慶応大学を中心とした「マルチメデイア統合環境基盤ソフトウェア」(Keio-MMP)プロジェクトは,1992年から実施されており,分散環境においてマルチメディアシステムの統合的な環境を実現する基盤ソフトウェアを研究開発することを目的としている.本報告は,これまでの研究を概説し,分散実時間オペレーティングシステムやコンダクタ/パフォーマアーキテクチャをベースとした統合メディアサーバなどについて述べる。

Since Dec. 1992, we have developed and researched in the Keio-MMP project, which is part of Open Fundamental Software Technology Projects supported by Information-technology Promotion Agency, Japan. The goal of our project is to develop the software to realize the distributed, real-time multimedia environment which can integrate various media on typical multimedia equipments connected to commonly available personal computers or workstations. In this paper, we describe the summary of our research reactivities in the project and show the software architecture of our developed system. Also we explain the system components such as the distributed real-time microkernel and conductor/performer architecture.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 96(597), 1-8, 1997-03-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003179931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013141
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ