マイクロカーネルをもとにしたシステム構成に関する考察 A Vision of an Operating System Framework Built on a Micro-Kernel Towards the New Age

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロカーネルは,本来,オペレーティングシステムの構成をより簡明にする目的で設計された。しかしながら,最近では,さまざまなポリシー,アブストラクションをサポートするために,マイクロカーネル本体を拡張して複雑で扱いにくいものにしてしまう傾向が見られる。本稿では,資源管理のための,利用者レベルサブシステムとカーネルとのインタラクションを増やさずに,マルチメディア応用に適したオペレーティングシステムを構成する枠組みについて検討し,筆者らが開発を進めているAct8オペレーティングシステムについて報告する。

Micro-kernels were originally designed to introduce modular architecture for the implementation of operating systems. However, recent micro-kernels tend to become complicated and difficult to maintain as they incorporate many policies and many abstractions. In this paper, we discuss a multimedia capable operating system framework which does not require extra resource management interaction between the micro-kernel and application subsystems, and describe our development of an operating system named Act 8.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 95(125), 1-6, 1995-06-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003180077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013141
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ