走行車室内音声対話収録システムの開発 In-Car Spoken Dialogue Recording System

この論文をさがす

著者

抄録

情報システムを誰でも簡単に利用可能にするために, 音声対話インタフェースが有力な候補として期待されている.名古屋大学CIAIRでは, 高度な音声対話インタフェースの実現を目指し, ロバストな音声認識・音声対話システム開発の基礎データを収集するために, 高騒音環境である走行車室内において大規模な音声データベースを構築することとし, その収集のための車両, 及び走行車室内音声対話収録システムを開発した.本システムは7台のPCをネットワークで結合した統合システムであり, 簡便な操作で複数チャネルの音声・画像, 車両情報のディジタル収録が可能である.本論文では, 本システムを用いて収録される車室内音声データベースが多様な目的に利用されること, 及び本システムの設計と実現について述べる.また, 車室内音声データベースの収集状況についても報告する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-パターン処理

    電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-パターン処理 00084(00006), 909-917, 2001-06-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003184139
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11340957
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151923
  • NDL 記事登録ID
    5784291
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1853
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ