低遅延MPEG-4通信システムにおける解像度変換の有効性 Efficiency of Dynamic Resolution Conversion Scheme in Low-delay MPEG-4 Communication System

この論文をさがす

著者

抄録

スポーツ中継や監視システム等のリアルタイム性が要求されるアプリケーションに符号化技術を適用する場合, エンド・エンドでの遅延を最小限に抑える必要がある.特に数100kbps程度の低ビットレート領域では, ビットストリームのバッファリングによる遅延が支配的となる。これを低減するためにはバッファ容量を小さくする必要があるが, 極端に小さくした場合, 再生画像品質の劣化やバッファの破綻が発生する可能性がある.本稿ではMPEG-4を対象として, ARTSプロファイルに含まれる解像度変換技術を用いることにより, 主観画質の劣化を最小限に抑えたうえで低遅延化を実現する方式を提案する.シミュレーション実験では, Simpleプロファイルを用いた従来方式とARTSプロファイルを用いた提案方式を主観評価とskipピクチャ枚数による客観評価の両面で比較し, 結論として低遅延MPEG-4通信システムにおける解像度変換の適用の有効性を示す.

In delay sensitive audiovisual applications such as sports relay or remote monitoring, it is required to suppress the end to end delay as small as possible. Especially, when video compression coding is associated, buffering of coded bitstream is the dominant element in low-bitrate communication of about hundred kbps. The buffering delay can be reduced by minimizing the size of bitstream buffer, however, it may introduce severe degradations in decoded images or collape of buffer in the worst case. In this paper, we propose a new scheme using Dynamic Resolution Conversion scheme included in the MPEG-4 ARTS profile and realizes a low delay audiovisual communication with improved image quality. In computer simulation experiments, we compare proposed scheme using ARTS profile to conventional scheme using simple profile in the view of subjective audiovisual quality, and objective statistics. Our conclusion indicates the effectiveness of proposed Dynamic Resolution Conversion scheme in low-delay MPEG-4 Communication System.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ITS

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 101(625), 19-24, 2002-01-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003185234
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11370324
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6073925
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ