前方圧縮を用いた可変長節パトリシアトライ索引構造 An Index Structure of the PATRICIA Trie with Nodes of Variable Length Using Front Compression of Keys

この論文をさがす

著者

    • 程 亜非 CHENG Yafei
    • 千葉大学工学部電気電子工学科 Department of Electrical and Electronics Engineering, Chiba University

抄録

圧縮パトリシアトライ索引構造を提案した.従来のパトリシア構造に対して,前方圧縮法を導入し,新たなデータの蓄積案とそれに対応する探索,挿入及び削除アルゴリムを示す.本手法は従来のパトリシアトライ構造と同等な検索手数であるが,記憶量を節約できるという特長を有する.

A new index structure of the Patricia trie based on the front compression of keys is proposed. Search, insertion and deletion algorithms for the proposed index structure are described. The most importent feature of the proposed method is that required memory is significantly much lower than the traditional Patricia trie, and that the retrieval time is the same.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 95(81), 1-7, 1995-05-26

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003188731
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ