1誘電体共振器、2モード法による高温超伝導体の表面抵抗の測定 Measurements of surface resistance of high-T_c superconductors using two modes in a dielectric rod resonator

この論文をさがす

著者

抄録

従来、高温超伝導体の表面抵抗R_sへの測定にはTE_<011>モードとTE_<01P>(p>2)モードの2つの誘電体共振器が用いられてきた。これに対して本測定法では、TE_<012>とTE_<021>モードを用いることにより1つの誘電体共振器のみでR_sを測定することができる。このため、TE_<012>とTE_<021>モードを同時に測定することによりR_sの温度依存性の測定が1回の測定で可能となる。1共振器法によるR_sの温度依存性の測定の再現性について検討する。

In order to measure the surface resistance R_s of high-T_c superconductors at microwave frequency, we have proposed a method using two dielectric rod resonators, where one is for the TE_<011> mode and the other is for the TE_<01p> mode. In this paper, a R_s measurement method using two resonant modes in a dielectric rod resonator, the TE_<012> and TE_<021> modes are discussed. In this method, only one measurement is needed to measure the temperature dependence of R_s. It is shown that excellent reproducibility of measurements can be obtained in this method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 97(20), 77-80, 1997-04-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003189174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ